文字サイズ

広島の16残塁は球団24年ぶり 球団ワーストまであと1の拙攻で無得点ドロー

9回、空振り三振に倒れて最後の打者となりベンチへ引き揚げる堂林(右端)=撮影・立川洋一郎
 8回、左前打を放つ代打・長野久義(撮影・立川洋一郎)
2枚

 「広島0-0中日」(28日、マツダスタジアム)

 両軍譲らずスコアレスドロー。開幕カードは1勝1敗1分けで終わった。

 広島は10安打を放ちながら、痛恨の毎回16残塁。9回試合での1試合16残塁は1997年4月11日・横浜戦以来、24年ぶり。なお、球団ワーストは92年4月24日のヤクルト戦の17で、あと1と迫る拙攻だった。

 七回2死満塁では坂倉の二ゴロがセーフ判定となり、本拠地が沸いた。だが、リクエストでアウトになり、得点は取り消された。九回も2死満塁としたが、堂林が空振り三振に倒れた。

 なお、参考記録ではあるが、延長も含めた最多は2015年6月23日・阪神戦の21。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス