文字サイズ

広島・岡田は「先発の方が持ち味を発揮できる」安仁屋氏が剛腕復活に期待

 広島の春季キャンプがスタートした。デイリースポーツ評論家の安仁屋宗八氏(76)は2軍キャンプの日南から復活を目指す岡田明丈投手(27)に期待をかけた。

  ◇  ◇

 昨年はチーム方針で中継ぎに転向した岡田だったが、1軍登板なしに終わった。首脳陣もいろんな考えがあって決めたことだと思うが、私はこの配置転換に疑問を感じた。彼は中継ぎタイプではないからだ。

 中継ぎは制球力がないと務まらないポジション。試合終盤、重圧のかかる場面での登板が多く、四球からピンチを招いたり失点することは最も避けないといけない。しかし、彼は制球力よりも球の力で勝負するタイプ。短いイニングを投げさせるよりも、5回ぐらいをメドに「全力で投げてこい!」と先発で送り出した方が持ち味を発揮できる。

 球自体は球威もスピードもあり、素晴らしいものを持っている。これはだれかに教えてもらって身につけられるものではない。持って生まれた天性だ。練習への取り組みも熱心で努力家。あと彼に足りないのは気持ち。優しすぎる。人を押しのけてでも自分がやるんだという強い気持ちで臨んでほしい。

 今年は本人も「もう一度先発で」という気持ちを持っているようだ。日南でしっかりと投げ込みや走り込みを行い、キャンプ途中からでも沖縄に行くつもりで頑張ってほしい。あれだけの球を持っているのだから、岡田なら絶対やれる!と私は確信している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス