文字サイズ

床田、自責0で降板「エラーは仕方がない。その後に踏ん張れれば…」と悔やむ

 「広島6-3巨人」(3日、マツダスタジアム)

 広島の床田寛樹投手は6回1/3を3安打3失点(自責点0)だった。

 六回まで無失点投球ながら七回に暗転した。無死一塁から菊池涼の悪送球で無死一、二塁とすると、代打・阿部に右前適時打を浴び1失点。さらに無死一、三塁から坂本勇の打球を三塁・安部がトンネルし2点目を献上。続く丸にも左犠飛を許した。3-3の同点となった所で緒方監督がベンチを立った。

 床田は「エラーの後に踏ん張れなかった。何とか抑えてやろうと思ったけど、ことごとくはじき返された。エラーは仕方がない。その後に踏ん張れれば信頼を得られるはずだった」と悔しさを押し殺しながら言葉を紡いだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス