文字サイズ

高橋昂 堂々の竜斬り 開幕1軍へ前進3回0封 畝コーチ“ずぶとさ”評価

 「練習試合、広島4-1中日」(18日、コザしんきんスタジアム)

 広島・高橋昂也投手(19)が18日、今年初の対外試合となる練習試合・中日戦(コザ)の先発を任され、3回1安打無失点の好投で期待に応えた。最速は143キロ。ベテラン石原のリードに導かれ、開幕1軍へ前進した。

 「まずは自分のピッチングをして、アピールしようと思いました。多少、球にバラツキがあったので、修正して次に生かしたいです」

 初回、1番・京田に右前打されるなど2死一、三塁のピンチを招いたが、左腕に慌てる様子はない。新助っ人のモヤをキレのある直球で見逃し三振。立ち上がりを切り抜けた。

 二回は腕を振って三者凡退に抑えると、三回には19歳らしからぬ姿を見せた。2死一塁からセットポジションに入ると、今季からボークの判定基準が緩和されることを受け、あえて静止時間を短くして投げた。ボークを宣告されたが、これは計算済み。「セットが緩和されたと聞いたので試しました。失敗しましたね」と笑った。

 アピールが必要な場で、適用範囲を試す余裕があった。畝投手コーチは「大したもの」とずぶとさを評価した。

 2次キャンプ地の沖縄に場所を移し、調子は上向き。高橋昂は「どんどんこれから腕が振れるようになっていくと思う」と言い切った。開幕ローテ入りも、現実的な目標になりつつある。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス