文字サイズ

菊池が好走塁 一塁から相手失策で一気に本塁生還

5回広、マギーの失策の間に生還する菊池。捕手小林
2枚

 「巨人-広島」(26日、京セラドーム大阪)

 広島の機動力が巨人を凌駕した。

 4-0の五回、2死一塁だ。鈴木の打球を二塁手・マギーがはじくエラー。打球は二塁ベース後方に転がった。カバーに向かった遊撃手・坂本と中堅手・陽がもたつく間に、一走・菊池は一気にギアを上げて迷わず三塁を回る。トップスピードのまま本塁を陥れた。

 チーム打率、本塁打、打点など打撃部門でセ界を席巻する攻撃陣は、機動力も大きな武器。前日25日も、安部が相手の隙を見逃さない好走塁で1点を奪った。河田外野守備走塁コーチは「点はとれるときにとらないといけない。その後に点をとれる保証はないから。走塁は一番、手を抜きやすいところ。気持ち次第」と言い続ける。走塁への高い意識が浸透しているチームは、向かうところ敵なしだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス