文字サイズ

【黒田の引退会見全文1】出し切った充実感があります

 今季限りでの現役引退を表明した広島・黒田博樹投手(41)が4日、全日程を終えたことでマツダスタジアム内で、あらためて引退会見を開いた。会見の内容は以下の通り。

   ◇  ◇

 -20年お疲れさまでした。いまの心境は。

 「シーズンが終わって少したった。実感はないが、時間がたつにつれて実感し始めているところです」

 -さみしさ、安心感は。

 「ホッとしたのが一番。今年1年、ケガなく、少しでもチームに貢献できたかな、という安心感です」

 -シリーズを振り返って。

 「結果的にチームが日本一になれなかった悔しさはあるが、自分の中では出し切った充実感があります」

 -もう一度、マツダで投げたかった。

 「第7戦までいくと投げるつもりでいた。日本一になるために投げたかったが、こればかりは勝負事。最後の最後で勝負の厳しさを思い知らされた」

 -最後にファンに向けて手を振った。

 「こうやってユニホームを着て、一緒に戦った仲間と会うことがある。いまの時点では実感がない」

 -後悔は。

 「出来過ぎの野球人生。最後はこういう形でリーグ優勝できた。僕の中では満足できる野球人生だった」

 -チームメートに対しては。

 「みんな1人、1人にありがとうという気持ちを伝えた」

 -新井には?

 「しょっちゅう会ってるんで。彼もまだあまり実感がわいてないです」

 -(日本シリーズでの)最後の1球については。

 「自分では、これが最後と思って投げていなかった。気持ち的にはまさかこのボールが最後の球になると思ってなかったので。あまり考える時間と余裕もなかった」

 -プロ野球人生最後の打者が大谷となった。

 「僕自身はもう少し長いイニングを投げたかったですが。いい思い出になりました」

 -1球の重みは。

 「1球、1球が、僕の中で充実していた。ファンの声援を背中に受けて(マウンドに)上がる。苦しい中で充実感と幸せな気分になった。最高の締めくくりができた」

 -印象に残った1球は。

 「難しいですね(笑い)。リーグ優勝した試合もそう。ゆっくり時間をかければ出てくるかもしれないが。リーグ優勝した試合でマウンドにいることができた。僕の中では大きかった」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス