文字サイズ

広島ナイン会見一問一答【上】打率8割超の田中「今日だけ数字を味わう」

シリーズ進出を決め、菊池(右)、鈴木(中央)らとヒップタッチで喜ぶ田中(左)=撮影・吉澤敬太
2枚

 「セCSファイナルS・第4戦、広島8-7DeNA」(15日、マツダスタジアム)

 広島がDeNAの猛追を振り切り、対戦成績を4勝1敗(アドバンテージの1勝を含む)として、25年ぶりに日本シリーズに進出。試合後、32年ぶり日本一への挑戦権を得た広島ナインの中で、CSファイナルSで特に活躍した田中、丸、ジョンソンが共同会見に登場した。一問一答を【上・中・下】で紹介する。

  ◇  ◇

 -今の気持ちを。

 丸「まずは正直ホッとしている。実戦が(間隔が)空いた中でいろいろ、どうなるかこっちも初体験だったので、シーズン中やってきたことを出し切ろうとチームで言っていたので、目標にしていたので、それができてよかったです」

 田中「ホッとしています。あとはやっぱりリーグ戦をぶっちぎりで優勝したので、見ている方は勝って当たり前だと思って見ていたと思うので。その中でしっかり勝ち切れたことはよかったです」

 ジョンソン「非常にうれしい気持ち。これ以上ないという最高の気分でいます。25年間、日本シリーズに進出していないという、いろいろな思いもありますけど、チームが非常にいい野球をやっていますし。CSも非常にいい戦いができたと思います。この流れをしっかりと日本シリーズにも持って行って、自分たちの野球をしっかりとやっていきたいと思います」

 -田中選手がMVPを受賞。

 田中「うれしいです。(打率、出塁率は)自分でもびっくりするくらいの数字。毎試合、変わらず1番打者として、役割を果たそうという気持ちで打席に入りました。後ろに菊池、丸という同級生がいるので、僕が何とか出れば点につながるという気持ちで打席に入っています。それが良い結果につながりました」

 -打撃内容は。

 田中「出来すぎだと思うので、また気を引き締めて練習に取り組んでいきたいと思います」

 -第1打席は四球。

 田中「何とか塁に出たいという気持ちだったので、最高の結果になってよかったです」

 -先制点になった。

 田中「最高の形になってくれてよかったと思います。今年のカープを象徴するような攻撃だったと思います」

 -適時打も2本。

 田中「タイムリーは『何とか食らいついて』という気持ちでいったので、結果的にタイムリーヒットになってくれたのでよかったです」

 -打率・833、出塁率・882。

 丸「すごいね」

 田中「一生に一度しかないと思うので、今日だけこの数字を味わって、あとは切り替えていきたいです」(【中】に続く)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス