文字サイズ

大瀬良、志願の119球 80球予定も

 右肘内側側副靱帯(じんたい)の部分損傷で2軍調整が続く広島・大瀬良大地投手(25)が22日、ウエスタン・オリックス戦(神戸第二)に先発した。6回を7安打3失点。完全復活へ着実に歩みを進めている。

 雨が降る中、全力で右腕を振り抜いた。「序盤は大事にいき過ぎた。四回以降、だんだんストライクゾーンに腕も振っていけるようになったので、こんな感じかなという投球はできた」。初回と三回に失点をしたが、故障後、3度目の公式戦登板に手応えは十分だ。

 「6回まで投げたいと、無理を言って投げさせてもらいました」。80球の予定だったが、志願して今季最多の119球を投げ抜いた。

 「1軍に早く上がりたい気持ちはあるけど、きっちりと仕上げていかないと迷惑がかかる。評価して呼んでもらえるまで、自分のやるべきことをやっていきたい」。焦る気持ちを抑え、慎重に調整を進めていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス