文字サイズ

戸田3勝目 「ビビらずに投げられた」

中田を左飛に打ち取り、グラブをたたく戸田(左)=旭川スタルヒン球場(撮影・西岡正)
2枚

 「交流戦、日本ハム2-3広島」(7日、旭川スタルヒン球場)

 広島が2連勝。今季2度目の先発・戸田が6回4安打1失点で3勝目を挙げた。

 0-1の三回1死一、三塁から丸の右線適時二塁打で同点。五回は田中の中越え4号ソロで勝ち越し。八回は新井の左中間4号ソロで1点を追加した。

 戸田はヒーローインタビューで「1人1人打ち取るだけという気持ちで投げた。(三回は大谷、中田を連続三振)うれしかった。ビビらずにしっかり投げきろうという意識を持って投げられた。(中継ぎ、先発とさまざまな起用だが)使ってくれるところを投げるだけ。この1勝から流れに乗り、もっともっと勝っていきたい」と話した。

 日本ハムは先発・有原が7回9安打2失点で3敗目(5勝)。二回1死一塁からレアードの右中間適時二塁打で1点を先制。1-3の八回は2死二塁から「3番・DH」大谷の左前適時打で1点。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス