文字サイズ

今季初先発の今井が三回途中KO

2回、ヤクルトのデニングに先制犠飛を打たれた広島・今井=神宮球場(撮影・堀内翔)
3枚

 「ヤクルト-広島」(29日、神宮)

 今季初先発した広島・今井が、2回2/3を7安打4失点(自責3)でKOされた。強力ヤクルト打線の前に、力を発揮することができなかった。

 初回は無失点に切り抜けたが、二回に雄平、大引の連打から2失点。続く三回は先頭の比屋根に今季1号ソロを浴びると、2死二塁から雄平に中前適時打で4点目を失った。続く大引に左前打を許して、ここで途中降板となった。

 2013年9月8日のDeNA戦(横浜)以来、2年ぶりの先発登板だったが、期待に応えることができなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス