文字サイズ

野村、自己ワースト10失点KO

6回、2死からロッテ打線に打ち込まれ、肩を落とす広島・野村祐輔=マツダスタジアム(撮影・出月俊成)
6回、ロッテ・清田育宏に適時打を浴び、ぼう然と見上げる広島・野村祐輔(左)=マツダスタジアム(撮影・出月俊成)
2枚2枚

 「広島-ロッテ」(28日、マツダ)

 広島の野村祐輔投手が六回でKOされた。

 初回にいきなり味方のミスから失点。直後に打線が3点を奪い逆転したが、3-1の二回は根本に右中間席へ1号ソロを浴びるなど2点を失い同点とされた。

 3-3の六回はクルーズに左越えソロを被弾すると、以降はロッテ打線の餌食になった。打者11人、7本の長短打を浴びて7失点した。

 「自分の投球をするだけ。一人一人をしっかりと抑えていきたい」と意気込んでいたが被安打、失点とも自己ワースト。6回12安打10失点(自責8)だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス