文字サイズ

梵、石原が連続タイムリー

2回広島1死一塁、左中間に適時二塁打を放つ広島・梵英心=マツダスタジアム(撮影・出月俊成)
2回広島1死一塁、左中間に適時打を放ち、一塁へ駆け出す広島・梵英心=マツダスタジアム(撮影・北村雅宏)
2回広島1死二塁、左越えに適時打を放ち、駆け出す広島・石原慶幸=マツダスタジアム(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「広島-ヤクルト」(23日、マツダ)

 広島が1-4の二回、梵と石原の連続適時打で1点差に迫った。

 ジョンソンが5安打1四球を許し、一挙4点を失った直後の攻撃。広島が反発力を見せた。1死からシアーホルツが中前打で出塁。続く梵の左中間二塁打で、シアーホルツは一気に生還。さらに石原も左越え適時二塁打を放った。

 梵は「打ったのはカットボールかな?甘い球を捉えることができた。ネイト(シアーホルツ)がよく走ってくれた」と振り返った。石原は「打ったのはカットかストレート。得点圏のチャンスだったので思い切っていきました」と談話を寄せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス