文字サイズ

オリックス “舞洲バファローズ”躍動も痛恨逆転負け 中嶋監督代行「すごく痛い」

 「オリックス4-5西武」(20日、京セラドーム大阪)

 逆転負けにオリックス・中嶋監督代行は「絶対に勝たないといけなかった。できなかったのは、ミスだったと思うしすごく痛いですね」と唇をかんだ。

 この日、昇格したばかりの2年目・太田が先制の一発を放ち、同じく2年目の宜保が三回にプロ初打点となる適時二塁打を放った。ほかにも初回、五回と3年目の西浦が超美技を連発し、五回には今季初本塁打も放った。おまけに助っ人野手3番手だったモヤも、四回に2号ソロをマークした。

 全員が1カ月前には2軍にいたメンバー。いわば“舞洲バファローズ”の活躍でリードして終盤を迎えたが、逃げ切れなかった。外国人枠の関係でセットアッパーのヒギンスがベンチ外。その八回に逆転を許した。

 「何とかできたんだろうなあ…」

 指揮官は悔やんでも悔やみきれない様子だった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス