文字サイズ

DeNAでブレークの平良 天敵は阪神・大山 今季の活躍を振り返る

 「ヤクルト0-4DeNA」(9日、神宮球場)

 DeNAの先発・平良が7回無失点と素晴らしい投球で、3勝目を挙げた。8試合登板し、全試合でクオリティスタート(QS=6回まで自責点3以内に抑えること)と、抜群の安定感を発揮している。

 防御率は1・72となり、巨人のエース・菅野を抜いてセ・リーグトップに浮上した。「すごいうれしいですけど、もう一度しっかりと自分の投球を見つめ直して、改善できるところを改善していきたい」と喜びながらも、さらなる向上心ものぞかせていた。

 今季のこれまでの投球を振り返ると、今季の2敗はいずれも阪神戦でのもの。どちらも大山に試合を左右する打点を許している。対阪神は3試合登板し1勝2敗。なお、今季の大山との対戦成績は6打数3安打で打率・500。

▼6月21日 広島 6回1失点

~広島・森下との投げ合い。援護なくリードを許したまま降板したが、九回に逆転サヨナラでチームは勝利した。

▼6月28日 阪神○6回1失点

~初回に失点するも、直後に打線が3点援護。以後は失点を許さず。

▼7月5日  ヤクルト○7回0失点

~散発の3安打。四球もなしという素晴らしい投球。

▼7月12日 阪神●6回1失点

~六回に大山に許したタイムリーが響き初黒星。

▼7月19日 巨人 6回2失点

~勝利投手の権利を持ち降板したが、九回に山崎、国吉が打たれチームは敗戦。

▼7月26日 広島 7回1/3 3失点

~八回途中まで投げ走者を残して降板。しかし、救援陣もつかまり八回5失点、九回5失点で大逆転を許した。

▼8月2日  阪神●7回2失点

~五回まで無失点投球も六回、大山に許した2点タイムリーが決勝打となる。

▼8月9日  ヤクルト○7回0失点

~四回までノーヒット。五回の1死一、二塁を切り抜けた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス