文字サイズ

DeNAが2位浮上、けん制アウトで試合終了 佐野が“4番の仕事”

 ヒーローインタビューの後、ガッツポーズのDeNA・佐野=神宮球場(撮影・西岡正)
3枚

 「ヤクルト4-5DeNA」(8日、神宮球場)

 DeNAがヤクルトに競り勝ち、ゲーム差なしのヤクルトを抜いて2位に浮上した。4番の佐野が三回の同点打、五回の勝ち越し7号2ランと“決める仕事”をした。

 DeNAが今永、ヤクルトが小川という両先発で、先にヤクルトが村上の7号2ランで先制。これに対抗したのがDeNAの4番・佐野だった。

 三回に2死一、二塁から中前に同点タイムリー。さらに五回には2死二塁からはフルカウントから7号2ランと、試合の流れをたぐりよせた。

 3点リードの八回に、石田が攻められ、1点差まで追い上げられたが、2死一、二塁で登板したエスコバーが山崎を空振り三振に斬って同点にはさせず。九回は三嶋が登板し、代打・宮本を左前打で出したものの、失点は許さず、一塁へのけん制球で3アウト目をとって試合を締めた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス