文字サイズ

甲子園に“岐阜の中京”旋風 3戦連続の逆転劇 満塁弾の元「3年生のおかげ」

 8回、元が左越え満塁本塁打を放つ
3枚

 「全国高校野球選手権・準々決勝、中京学院大中京6-3作新学院」(18日、甲子園球場)

 中京学院大中京(岐阜)が3戦連続の逆転勝ち。春夏通じて初めての4強入りを果たした。

 3点を追う中京は七回に好投していた作新学院の林から4安打を集め、1点差に。八回には相手投手から3四球を選び、7番の2年生・元が左翼ポール際へ逆転満塁本塁打を放った。

 元は「最後にあそこで打てて良かったです。打席に入る前、3年生が『お前に任せた』と。3年生の力で打てた。3年生に感謝したい。打球の飛び方が良かったので入ったかなと思った」と振り返った。初戦となった2回戦の北照(南北海道)、3回戦の東海大相模(神奈川)も終盤に逆転勝ち。この源について、元は「3年生の絆が強い。秋の負けから学んだことが多い。作新さんはひとつ抜いたらいかれるチーム。気を抜かないようにした」と笑った。

 愛知の中京大中京は優勝経験があるが、“岐阜の中京”が旋風を巻き起こし、初の4強入りとなった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス