文字サイズ

名門復活!広島商が15年ぶり23度目の甲子園 尾道下す

3回広島商、左前タイムリーを放つ広島商・真鍋=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
3枚

 「高校野球広島大会・決勝、広島商10-7尾道」(29日、マツダスタジアム)

 広島商が大乱戦を制して15年ぶり23度目の甲子園出場を決めた。

 広島商は初回に2点を先制すると、三回には打者14人の猛攻で8点を奪い、10-0とリードを広げた。

 春夏通じて初の甲子園出場を目指す尾道は三回に1点を返し、六回には7安打を集めて6点を奪い、3点差まで詰め寄った。

 しかし、尾道の反撃もここまで。広島商が逃げ切り、令和最初の代表となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス