文字サイズ

楽天・菅原 塩見負傷で代役登板5回2失点初勝利 打球直撃も続投を志願

 「オリックス2-6楽天」(15日、京セラドーム)

 チームの窮地を右腕の必死な思いが救った。予告先発されていた楽天・塩見が練習中に腰の張りを訴えて登板回避。代役として白羽の矢が立ったのが、菅原だ。

 「試合開始1時間前ぐらいに(先発を)聞いた。プロ初登板とも比にならないぐらい緊張して、足が震えていた」。初回こそ三者凡退に抑えたが、二回は先制点を献上し、なおも2死一、三塁から若月の打球が菅原の右膝上を直撃。適時内野安打で2点目を失うと、治療のために足を引きずりながらベンチへ下がった。

 それでも「チャンスをもらったので結果を残したかった。二回でマウンドを降りたくなかった」という菅原は「行かせてください」と続投を志願。三回以降は得点を許さず、打線の援護も受け、5回2失点で先発としての初勝利を手にした。

 この日は、守護神・松井も球宴出場の影響を考慮してベンチを外れた。緊急事態を菅原、救援陣、打線が一体となって乗り越えた。「菅原にもチームにも大きな勝利」と平石監督。価値ある1勝で逆襲を目指す後半戦のスタートを切った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス