文字サイズ

ヤクルト・村上 大逆転で初選出!史上3人目10代球宴弾だ

 マイナビオールスターゲーム2019のファン投票最終結果が24日に発表され、23人が選ばれた。セ三塁手部門では高卒2年目のヤクルト・村上宗隆内野手(19)が選出された。選手間投票の結果は27日、監督推薦は7月1日、プラスワン投票の結果が同9日に発表され、全メンバーが出そろう。

 村上が大逆転で初選出を果たした。17日の最終中間発表では、阪神・大山に3万7000票以上の差をつけられていたが、最後にまくった。19歳は「初めてのことなので、ものすごくうれしく思います」と頬を緩めた。

 開幕から全試合に出場し、リーグトップの55打点、同4位の19本塁打。現在は主に一塁ながら、堂々たる成績を残している。期待されるのは、豪快な一発。10代での球宴弾となれば、86、87年の清原(西武)、15年の森(西武)に続いて3人目の快挙となる。

 小5だった10年には、福岡での球宴第1戦を現地観戦。今は同僚となった青木や巨人・阿部の活躍に胸を躍らせた。「誰もが味わえる経験じゃない。打てればいいですけど、しっかりと自分のスイングができるように」と冷静に話した村上。同じく選出された山田哲から「パンチ力があるのは魅力的。スイングはすごい」と太鼓判を押された打棒で、ファンに夢のアーチを届ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス