文字サイズ

日本ハム清宮 復帰後初フル出場で2安打1打点「毎日試合があるのは楽しい」

 1回、右前打を放つ清宮(撮影・棚橋慶太)
1枚拡大

 「イースタン、日本ハム4-5ロッテ」(16日、鎌ケ谷)

 右手有鉤(ゆうこう)骨骨折から1軍復帰を目指す日本ハム・清宮幸太郎内野手(19)が、「3番・指名打者」で実戦復帰後初のフル出場。4打数2安打1打点で2戦連続安打&打点を記録した。

 「毎日試合があるのは楽しいですし、ダメでもまた明日があるというか。楽しくできているかなと思います」

 初回2死。カウント3-1からの5球目、甘く入った中村稔のスライダーに反応した。鋭く振り抜き、打球は一、二塁間へ。一塁手・香月のグラブをはじき、右前に転がった。

 その後は一ゴロ、一ゴロ、四球と音なしだったが、2点ビハインドの九回2死一、三塁の場面。成田の変化球に詰まりながらも打球は投手-二塁手の間に落ち、ラッキーな適時内野安打となった。

 荒木2軍監督は「結果というか、対応する姿で判断すると思います」と1軍昇格の条件を説明。「早くいって戦力になってもらいたい」と期待を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス