文字サイズ

巨人・菅野「勝つことが一番大事」虎狩りに意欲満々

 キャッチボールをする菅野=ジャイアンツ球場
1枚拡大

 菅野智之投手(29)が18日、先発する阪神戦(甲子園)を翌日に控え、川崎市・ジャイアンツ球場で調整した。平成元年生まれのエースが平成最後の“伝統の一戦”に臨む。

 プロ入りしてから過去6年間で甲子園の成績は8勝2敗、防御率1・33と抜群の数字を残している。「得意とかそういうのはない」と謙遜するが、「たくさんお客さんが見に来てくれる試合なので、盛り上がる試合。勝つことが一番大事なので、勝ちたいです」と決意。虎党の歓声も力に変え、マウンドに上がるつもりだ。

 先発陣は13日にヤングマンが4回、14日は畠が3回で早々に降板。「中継ぎが結構投げている試合が多いので明日は何とか。序盤に主導権をつかめれば、長いイニングを投げられると思う」と、リリーフ陣の負担軽減にも意欲を見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス