文字サイズ

ロッテ・鈴木 執念のサヨナラ打「心が折れたら終わり」

 延長10回ロッテ1死満塁、サヨナラ打を放ちもみくちゃにされるロッテ・鈴木大地(中央)=ZOZOマリン
1枚拡大

 「ロッテ5-4オリックス」(9日、ZOZOマリンスタジアム)

 ロッテ・鈴木の言葉には聞く者にグッとさせるものがあった。「心が折れたら終わりなので、いまできることを100%やろうと」

 延長十回。1死満塁。野球の神様は鈴木に最高の舞台を与えた。

 見事に応えた。近藤の初球を捉え打球は右翼へのサヨナラ安打となった。「うれしかった」。二回にも先制打のヒーローは声を絞り出した。昨季まで6年連続で120安打以上を放ち、14年から主将、今季からは選手会長を務める。そんなリーダーがレアードの加入で三塁を奪われて開幕をベンチで迎えた。出番はなかった。

 シーズン前から厳しい状況を察知していたが、覚悟だけはあった。「1秒でもグラウンドにいれるようにやるだけです」。決して腐らずに日々の練習を全力でこなした。

 4番・井上の不振で出番が来た。4日の西武戦から一塁でスタメン。開幕前に「きっとレギュラーで戻ってくる」の誓いをを現実にしてこうしてチャンスが巡る。出場できない時でも常にナインの先頭に立って大声で声援を送る。心が折れない男はどこまでも強い。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス