文字サイズ

ヤクルト新加入の寺原、初登板で2回0封「やっとスタートを切れたかな」

中日との練習試合に登板し、2回無失点だったヤクルト・寺原
1枚拡大

 「練習試合、ヤクルト7-2中日」(17日、ANA BALLPARK浦添)

 ヤクルトに新加入した寺原隼人投手が初の実戦登板に臨み、2回無安打無失点で2三振を奪った。

 三回は内野ゴロ3つで三者凡退。四回は先頭のモヤを空振り三振に仕留めた後に連続四球を与えたが、井領を中飛、杉山を空振り三振でピンチを切り抜けた。

 「久しぶりに打者に投げたので緊張しました。やっとスタートを切れたかな。フォームもいい感じで、大体思ったところに投げられた」と新天地での初陣を振り返った右腕。それでも「納得はしていません。今日の反省は四球連発のところ。シーズンで出ないように、ブルペンで修正していかないと」と改善を誓っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス