文字サイズ

月間最多登板のオリックス・山田が倍増以上でサイン

契約更改交渉を終え、笑顔で会見するオリックス・山田修義=青濤館(撮影・北村雅宏)
契約更改交渉を終え、笑顔で会見するオリックス・山田修義=青濤館(撮影・北村雅宏)
2枚2枚

 オリックス・山田修義投手が6日、大阪市此花区の球団施設で契約更改交渉に臨み、今季年俸720万円から780万円アップの年俸1500万円でサインした。

 「8月から1軍に上がれたのですが、5月ごろから1カ月半は2軍でも投げられなくて。ヤバイと思っていましたけど、左打者の決め球ができたので自信になりました」。

 8月からスライダーを武器に1軍昇格すると、中継ぎ左腕として定着。自己最多の30試合に登板し1勝2敗10ホールド、防御率3・80の成績を残した。特に1軍昇格した8月には、月間18試合のプロ野球タイ記録を達成した。(金額は推定)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス