文字サイズ

巨人-広島 田中兄弟が存在感 適時打の弟に負けじと兄が同点2ラン

3回、マギーが適時二塁打を放ち三塁を回る巨人・田中俊=東京ドーム(撮影・堀内翔)
3枚

 「巨人-広島」(30日、東京ドーム)

 巨人、広島でレギュラーを張る田中兄弟が、ともに活躍した。

 まずは巨人に所属する弟・俊太。前日も2ランを放ったが、この日も三回にバスターエンドランを決めて勝ち越し打。さらにマギーの適時打で3点目のホームを踏んだ。

 一方、広島不動の遊撃手、広輔も負けじと存在感を発揮した。五回、1死から大瀬良が右前打で出塁。打席に入った広輔は初球の甘く入ったスライダーを仕留め、右翼席へ運んだ。

 最多勝を狙う大瀬良を援護する10号2ラン。二塁手俊太と視線を合わせることなくダイヤモンドを一周すると、笑顔で仲間とハイタッチをかわした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス