文字サイズ

ロッテ・南 難病・黄色靱帯骨化症で手術「マウンドに戻って来られるように」

 ロッテ・南
1枚拡大

 ロッテは18日、南昌輝投手(29)が黄色靱帯(じんたい)骨化症と診断されて、17日に千葉県・習志野市内の病院で手術を受けたと発表した。

 南は「これから大変なリハビリが始まると思いますが、もう一度ZOZOマリンスタジアムのマウンドに戻って来られるように精いっぱい頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします」と話している。

 南は今季35試合に登板、2勝2敗、8HPで防御率3・00。

 黄色靱帯(じんたい)骨化症は難病指定されており、脊髄(神経)の後ろにある黄色靱帯が骨になって大きくなり神経を圧迫。主に足の麻痺を起こすとされる。プロ野球では元巨人・越智大祐、ロッテ・大隣憲司投手らが発症したことで知られる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス