文字サイズ

ロッテ、新外国人発表は来週明けにも ドミンゲス獲得か

 ロッテ・林信平球団本部長(57)が5日、新外国人選手の獲得発表が「週明けとなる」との見通しを明かした。6日からは3連休で実質的には9日以降になるとみられる。

 すでにアストロズなどでプレーした前レッドソックス3Aのマット・ドミンゲス内野手(28)が1年契約で合意したと昨年暮れ、米大リーグ情報サイトで伝えられている。

 契約に関して最終的な詰めの段階を迎えたようで、山室社長も「かなり進んでいます」と話している。

 ドミンゲスはアストロズ在籍時の13年には正三塁手として152試合に出場。打率・241、21本塁打、77打点をマークしている。

 井口資仁監督が希望している抑え投手の補強も早ければ同時期になる見込みだ。

 ジェイソン・スタンリッジ投手(39)、ウィリー・モー・ペーニャ内野手(35)の去就も近々、発表される。

 また、海外FA権を行使してメジャー移籍を模索している涌井秀章投手(31)に関しては情報・連絡などは入っていないようだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス