文字サイズ

ヤクルト・ドラ7松本 つば九郎の熱気に隣席で「あー、生きているんだなあ」

真新しいユニホームを着てガッツポーズをする(前列左から)金久保、村上、小川監督、大下、宮本(後列左から)松本、蔵本、塩見、沼田=都内(撮影・出月俊成)
1枚拡大

 ヤクルトは7日、東京都港区のヤクルトホールで「2017新入団選手発表会」を行った。新人8選手が参加し、ヤクルトの公式ツイッターで募集されたファンからの質問に選手たちが応えた。

 ヤクルトのマスコットキャラクターである「つば九郎の第一印象は」という質問に、意外にも!?「怖いです」という回答が多数。ドラフト7位・松本直樹捕手(24)=西濃運輸=は「熱気を感じる。あー、つば九郎、生きているんだなあと(笑)」と会場の爆笑を呼んだ。

 松本は会見で、つば九郎の隣という“特等席”をゲット。終始ボケを披露する人気者の“女房役”を必死に務めていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス