文字サイズ

“京大クン”ロッテ・田中25%減俸「来年は勝負の年になる」

 3年目を「勝負の年」と位置づけた田中英
1枚拡大

 ロッテの田中英祐投手(24)が24日、QVCマリンで契約更改交渉に臨み、335万円減の1005万円で更改した。2年目の今季はイースタン・リーグで1イニングを投げたのみ。「1軍で投げていないので仕方ない。思うようにいかず、苦しい1年になった」と減額制限いっぱいとなる25%の大幅減俸を受け止めた。

 京大出身初のプロ野球選手として注目された1年目は2試合で0勝1敗。投球フォームを崩し、インテリ右腕の2年間の成績は落第点だ。「このままじゃいけない。来年はしっかり活躍したい」。誓った3年目の巻き返し。それを実現するために原点回帰する。

 「アマチュア時代はしっかりバッターに向かっていた」。本来のスタイルを取り戻す手始めは、プロへの道を切り開いた京大での自主トレ。昨オフは兵庫県内で走り込んだが、今オフは投げ込み中心でみっちり鍛えるという。「来年は勝負の年になる」。まさに背水の陣-。持ち味の堂々とした投球を取り戻してプロ初勝利を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス