文字サイズ

専大・森山2打点 阪神スカウトも評価

 「東都大学野球、専大5-4日大」(22日、神宮球場)

 専大がサヨナラ勝ちで勝ち点1とした。

 ドラフト候補の森山恵佑外野手(4年・星稜)が4番の責任を果たした。五回の勝ち越し左前適時打、九回のサヨナラ中犠飛で2打点。推定135メートル弾を放った2回戦は勝利に結びつかなかっただけに「自分が決めようと思っていた。今日負けると勝つとでは天と地の差」と喜んだ。阪神・中尾スカウトは「打撃が柔らかい。ヘッドが利いている」と評価した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス