文字サイズ

阪神ルーキー8人、NPB新人研修会に出席

真剣なまなざしで講義を聴く阪神・大山悠輔(中央)ら阪神の新人たち=東京都文京区の東京ドームホテル(撮影・出月俊成)
講義の休憩時間に笑顔を見せる阪神・大山悠輔(中央)=東京都文京区の東京ドームホテル(撮影・出月俊成)
ロッテ・佐々木千隼(左)と並んで会場に入る阪神・大山悠輔=東京都文京区の東京ドームホテル(撮影・出月俊成)
3枚3枚

 阪神のドラフト1位・大山悠輔内野手(22)=白鴎大=ら新人8名が11日、各球団のルーキーが集まり東京ドームホテルで行われた「NPB新人研修会」に参加した。

 NPB・熊崎コミッショナーの「日本のプロ野球界に来ていただいて、心より歓迎いたします。みなさんはプロ野球選手となる以上、通常の社会人より大きな期待と、厳しい目にもさらされるわけです。しっかりと自覚してほしい」とのあいさつに始まり、約2時間薬物使用や野球賭博についての講義が行われた。

 最後の1時間は元DeNA・三浦氏のスピーチを聞き入った。25年間の現役生活を全うしたレジェンドの言葉にドラフト2位・小野(富士大)は「長くやられてきた方なので、やっぱり一番印象に残りました」と、通算172勝を誇るハマの番長の言葉を頭に焼き付けた様子だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス