文字サイズ

上原投手が岩手で野球教室 「現場に来るのが大事」

 野球教室で小学生と交流する米大リーグ、レッドソックスの上原浩治投手=17日、岩手県滝沢市
1枚拡大

 米大リーグ、レッドソックスの上原浩治投手(40)が17日、岩手県滝沢市内で野球教室を開催し、県内の小学生約300人にキャッチボールを教えるなどして交流した。

 東日本大震災の被災地で野球教室を行うのは4度目。上原投手は「きちんと現場に来るのが大事。常々頑張らないといけないと思っているが、さらに(思いが)強くなった」と語った。

 陸前高田市のチームで主将を務める佐藤裕太君(11)は震災後、仮設のグラウンドで野球を続けてきたといい「昨年から広いグラウンドで思い切り練習できるようになった。上原投手のように野球教室を開いてくれるのがうれしい」と笑顔で話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス