文字サイズ

阪神・中野 戸郷攻略打ァ!虎の天敵から20イニング目に今季初得点

 「巨人1-2阪神」(3日、東京ドーム)

 わずかに見えた得点への道筋。そのワンチャンスをものにして見せた。両チーム無得点で迎えた三回。梅野の四球を足がかりに得た2死二塁の好機。ここで阪神のリードオフマン・中野拓夢内野手(26)が、快投を続ける巨人・戸郷の高めの直球を中前へ運ぶ先制の適時打を放った。

 「個人的には直球を1、2の3(のタイミング)というより、ちょっと詰まってもいい感覚でいった。いい高さに来てくれて、いい感じで詰まることができたと思う」

 この試合まで戸郷相手に、猛虎打線は17イニング連続無得点。この日も初回から直球主体の投球で、二回までは完全に抑えられた。中野も初回の打席ではすべて直球で、最後は高めの球で空振り三振を喫していた。

 「自分がああいう形で三振してしまって、少し流れ的にも嫌な部分があった」と中野。その悔しさを胸に臨んだ打席でチーム初安打を放ち、苦手の右腕から今季20イニング目にして1点を奪った。

 チームは後半戦に入って5試合連続での先制点。投手が抑え、少ない好機を点につなげる。それが好調の要因だ。矢野監督も「そんなにチャンスが多くないところで、よく拓夢(中野)が打ってくれた」と称賛。“奇跡”へ欠かせないリードオフマンが勝利への道を切り開いた。

2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24
2022-07-23
2022-07-22
2022-07-20
2022-07-19
2022-07-17
2022-07-16
2022-07-15
2022-07-14
2022-07-13
2022-07-12

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス