文字サイズ

阪神ルーキー・桐敷 プロ初勝利ならず 5回1失点の力投も味方援護なく

 汗を飛ばし力投する桐敷(撮影・山口登)
 2回、マクブルームに先制ソロを浴びる桐敷(撮影・飯室逸平)
 先発し力投する桐敷(撮影・山口登)
3枚

 「阪神-広島」(7日、甲子園球場)

 プロ3度目となる先発マウンドに上がった阪神先発のルーキー・桐敷。二回、マクブルームに浴びたソロ弾の一発に泣く形で、プロ初勝利はならなかった。

 それでも2度目の対決となった四回には、マクブルームから空振り三振を奪うなど、5回6奪三振、1失点の力投。リードされた展開のまま、五回の打席で代打を送られ、そのイニングも無得点と味方の援護はなし。初勝利はお預けとなった。

 桐敷は「前回登板の反省を生かし、強いストレートを投げ込むことができたところは良かったのですが、カウント負けして甘くなりホームランを打たれてしまった場面を振り返ると悔しいです」とコメント。「最少失点で粘ることはできたと思うので、これから長いイニングを投げていけるように頑張ります」と次回登板に目を向けた。

2022-08-19
2022-08-18
2022-08-17
2022-08-16
2022-08-14
2022-08-13
2022-08-12
2022-08-11
2022-08-10
2022-08-09
2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス