文字サイズ

阪神 打線つながらずに連敗 2カードぶり負け越し 5位・DeNAに0・5ゲーム差

 7回、近本は見逃し三振に倒れる(撮影・佐々木彰尚)
 4回、ソトに中犠飛を浴びたガンケル(撮影・佐々木彰尚)
 6回、代打・ロハスは遊飛に倒れる(撮影・佐々木彰尚)
3枚

 「DeNA4-2阪神」(29日、横浜スタジアム)

 阪神は競り負けて連敗。2カードぶりの負け越しで、5位・DeNAに0・5ゲーム差に迫られた。

 先発のガンケルが踏ん張れなかった。初回、1点を先制してもらった直後に1死一塁から佐野に右越え逆転2ランを浴びると、2-2で迎えた四回には牧、宮崎、大和に3連打を浴びて無死満塁とされ、ソト、嶺井に連続中犠飛を許した。4回を5安打4失点で今季自己最短KOとなった。

 打線は初回2死二塁から佐藤輝の右前適時打で先制し、1-2で迎えた二回には山本が右翼ポール際へ同点の2号ソロを運んだが、その後は三回1死一、三塁、六回1死一、二塁、八回1死二塁の好機をつぶした。DeNAを上回る10安打を放ちながら、打線がつながらなかった。

 近本は三回に中前打をマークし、1983年のバースに並ぶ球団歴代4位の25試合連続安打とした。

2022-08-10
2022-08-09
2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24
2022-07-23
2022-07-22
2022-07-20
2022-07-19
2022-07-17
2022-07-16
2022-07-15
2022-07-14

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス