文字サイズ

阪神・西勇 まさか今季自己ワーストタイ5失点 矢野監督「2点で粘ってくれたら」

 5回、追加点に沸くカープナインを尻目にぼう然とする西勇
 5回、カープ打線につかまり、悔しそうに天を仰ぐ西勇(撮影・飯室逸平)
 降りしきる雨の中、力投する先発の西勇(撮影・飯室逸平)
3枚

 「広島5-3阪神」(21日、マツダスタジアム)

 らしくない内容だ。阪神・西勇輝投手が5回を今季自己ワーストタイ5失点で5敗目となった。

 0-1の五回に暗転した。連打などで2死二、三塁とピンチを招くと、野間に左前適時打を献上。踏みとどまりたいところだったが、2死二、三塁から宇草に2点中前適時打、菊池涼に中堅フェンス直撃の適時二塁打を浴びて、まさかの1イニング4失点を喫した。

 中13日での登板となったが、「パフォーマンスが悪い方にいっている感覚はない」と入念に調整を行ってきた右腕。矢野監督も「悪くはなかった」と話したが、「せめて2点で粘ってくれてたら…」と肩を落とした。

 それでも防御率1・99はリーグ2位のまま。次戦は本来の投球を見せ、この鬱憤(うっぷん)を晴らす。

2022-06-29
2022-06-28
2022-06-26
2022-06-25
2022-06-24
2022-06-23
2022-06-22
2022-06-21
2022-06-19
2022-06-18
2022-06-17
2022-06-12
2022-06-11
2022-06-10
2022-06-09
2022-06-08
2022-06-07
2022-06-05
2022-06-04
2022-06-03

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス