文字サイズ

阪神・佐藤輝 左腕克服へ一発で仕留める 3タテ食らったDeNAに「リベンジマッチです」

 笑顔を見せながら打撃練習へ向かう佐藤輝(撮影・田中太一)
 リラックスムードで調整する佐藤輝(撮影・飯室逸平)
2枚

 「阪神(雨天中止)広島」(12日、甲子園球場)

 阪神・佐藤輝明内野手(23)が12日、横浜でリベンジを誓った。前回DeNAとの3連戦では、初戦に特大アーチを放ちながらも屈辱の3連敗。目指すのはチームの白星へつながる一発だ。今季の対戦打率・204、1本塁打と苦手にしている左腕攻略へ「一発で仕留める」をテーマに勝利へ導く。

 室内練習場での調整を終え、佐藤輝は高らかに宣言した。「しっかりと準備して、リベンジマッチです」。13日からは敵地に乗り込んでDeNA3連戦。前回は接戦にことごとく競り負け、3タテを食らった苦い記憶が残る。

 4月19日の同戦では二回にロメロから右翼スタンド中段に突き刺す5号ソロを放った。だが、その後に投手陣が打ち込まれ逆転負けを喫すると、第2、第3戦と連敗。特に3戦目は逆転に次ぐ逆転を許し、最終的には六回途中で降雨コールド負けという後味の悪い試合になった。

 昨季までチームは好相性を誇っていた場所で、無残な敗北を見せるわけにはいかない。13日の相手先発は左腕・今永。球界を代表する好投手だが、「そういう投手を打っていかないとチームも勝てない。頑張って打ちたい」と力を込めたのには理由がある。

 今季はここまで左投手に分が悪く、右投手に対しては打率・309、6本塁打、17打点をマーク。一方の左腕には打率・204、1本塁打、2打点と苦にしており、チームとしても相手の先発が左投手の試合は1勝12敗と深刻なアレルギーに悩まされている。

 佐藤輝は11日・広島戦(甲子園)で1点を追う七回、2死満塁で左腕のターリーに3球三振。初対戦の相手の初球を狙うもファウルにし、3球三振に倒れた。左攻略のために必要なのは「一発で仕留める、です!」。投手有利のカウントを作らせないことが重要だ。

 一時セ・リーグトップタイに立っていた本塁打は4月29日・巨人戦(東京ド)の7号を最後に遠ざかっており、「ホームランを打ちたいというのはいつでもあるので、頑張ります」と巻き返しに意欲。この日はフリー打撃などで調整し、「しっかりリフレッシュして、明日から頑張りたい」と表情を引き締めた。

2022-05-27
2022-05-26
2022-05-25
2022-05-24
2022-05-22
2022-05-21
2022-05-20
2022-05-19
2022-05-18
2022-05-17
2022-05-15
2022-05-14
2022-05-11
2022-05-10
2022-05-08
2022-05-07
2022-05-06
2022-05-05
2022-05-04
2022-05-03

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス