文字サイズ

阪神・大山&近本 坂本新主将を支えます 「何か手助け」「任せるというわけではない」

 今季まで主将を務めた阪神・大山悠輔内野手(26)と選手会長の近本光司外野手(27)が5日、来季から主将を務める坂本誠志郎捕手(28)のサポートを誓った。

 大山は昨オフ、主将に就任。「本当に大変なので、キャプテンは」と責任感や重圧と戦ってきた。だからこそ「何か手助けをできることがあれば、やっていきたい」。

 今季、坂本は「虎メダル」を製作するなどしてチームを盛り上げた。「常に気を配ってやってくださっている」と大山は明かす。「主将」という肩書はなくなるが「キャプテンじゃないからやらないというわけではない」と若手への声かけなどは続けていく。

 一方、選手会長の近本は「キャプテンになったから坂本さんに任せるというわけではない」と冷静。「今年からずっと話はしていたので、特に変わることはないかな」と“共闘”していく考えを示した。主将総選挙の最終候補3人が虎を先導する。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス