文字サイズ

阪神・矢野監督 V遠のく痛恨敗戦 痛い一発も「勝負いってる結果やから」

広島に敗れ、厳しい表情であいさつする矢野監督(左)=撮影・山口登
9回、ベンチから戦況を見つめる矢野監督。右は空振り三振に倒れた佐藤輝(撮影・田中太一)
広島に敗れ、矢野監督は足取り重くあいさつに向かう(撮影・山口登)
3枚

 「阪神2-4広島」(17日、甲子園球場)

 阪神は優勝が遠のく痛恨の敗戦。デーゲームで勝利した首位ヤクルトのマジックは4に減り、ゲーム差は3に広がった。

 ロハスの2ランで反撃ムードが高まった直後の八回、アルカンタラが鈴木誠にソロ被弾。痛い一発となったが、矢野監督は「どれタラレバ言えたらそんなんもう。どれもやん、結局そんなん。でも、あれも勝負いってる結果やからね」と振り返った。

 先発の秋山がまさかの3被弾。5回4安打3失点で7敗目を喫した。「アキらしく粘るっていうのがね、特長なところがボールがちょっと高かったかなっていう感じに見えたけど」と指揮官。

 打線も頼みのマルテが不調に陥り、得点力が上がらない。マルテについては「良くはないんじゃない?やっぱり打球もあんまり上がってないし」と語った。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス