文字サイズ

阪神が西勇輝を抹消、村上頌樹を出場選手登録

1軍に合流した村上(左)は佐藤輝の歓迎を受ける(撮影・田中太一)
 13日の巨人戦2回、治療のためベンチへ下がる西勇(撮影・飯室逸平)
 13日の巨人戦2回、手を挙げながら自らマウンドを降りる西勇(撮影・田中太一)
3枚

 阪神は14日、西勇輝投手の出場選手登録を抹消し、村上頌樹投手を同登録した。

 13日の巨人戦(東京ドーム)で、先発・西勇は二回途中で緊急降板していた。村上はウエスタン・リーグで最多勝(10勝)、最優秀防御率(2・23)、最高勝率(・909)の投手3冠を獲得。9日のファーム日本選手権・ロッテ戦では先発し、6回2失点と試合を作った。ただ、1軍では今季2度先発し、0勝1敗、防御率16・88と結果を残せていない。残り9試合となった中、1軍での快投が期待される。また、阪神は栄枝裕貴捕手も登録を抹消している。

 中日は13日に引退試合に出場した山井大介投手、藤井淳志外野手を抹消し、勝野昌慶投手を登録した。

 ヤクルトはサイスニード投手を抹消している。

 パ・リーグは、ロッテが石川歩投手を抹消。オリックスが後藤駿太外野手を抹消し、この日に先発登板する宮城大弥投手を登録。楽天は津留崎大成投手を抹消した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス