文字サイズ

阪神、ヒヤヒヤドロー 先発の西勇にアクシデント発生、九回はスアレスがピンチしのぐ

 4回、同点ソロを放った坂本を笑顔で迎える矢野監督(撮影・金田祐二)
 厳しい表情で水分を補給する矢野監督(撮影・金田祐二)
2枚

 「巨人2-2阪神」(13日、東京ドーム)

 前夜、14年ぶりの巨人戦勝ち越しを決めた阪神だが、この日は痛恨のドローに終わった。

 先発・西勇にアクシデントが起こった。巨人二回の攻撃、1死二、三塁で、松原の二塁ゴロの間に2点目が入った場面だ。阪神先発の西勇が自らマウンドからベンチへと下がった。場内には「ただいま西投手が手当てを行っております」とアナウンスが流れたが、直後に矢野監督が球審に馬場への交代を告げた。

 それでも馬場以降の投手が粘りを見せる。1点リードの二回2死三塁から登板した馬場がまず1回1/3を無失点に抑えると、3番手にはプロ初の中継ぎとなる伊藤将がマウンドへ。こちらも3回1安打無失点と安定感は抜群で、役目を果たした。

 同点の七回から登板したアルカンタラも2回無安打無失点。回またぎでも威力十分の直球を武器に相手打線をなぎ倒した。

 打線では、坂本が菅野撃ちだ。1点を追う二回1死一、三塁では右腕から同点とする左前打を放つと、またも1点を追う展開となった四回2死では左中間席にぶち込む今季第1号ソロでまたも試合を振り出しに戻した。守備では投手陣を懸命にリードし、少ない失点にとどめた。

 2-2で迎えた九回は一死二、三塁のピンチを迎え、守護神スアレスが何とか抑え、ドロー。首位・ヤクルトが勝利したため、マジック8に減らされてしまった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス