文字サイズ

阪神・糸原113試合ぶりの一発で菅野から13イニングぶり得点「何とか先制点を」

7回、菅野から先制の2号ソロを放つ糸原(撮影・飯室逸平)
7回、菅野から先制の2号ソロを放つ糸原(撮影・飯室逸平)
7回、先制ソロを放った糸原はナインに迎えられる(撮影・田中太一)
3枚

 「巨人-阪神」(25日、東京ドーム)

 阪神が糸原の2号ソロで先制した。

 阪神・高橋と巨人・菅野による、息の詰まるような投手戦。七回1死、カウント2-2から糸原が150キロ直球を振り抜いた。打球はきれいな放物線を描いて、右翼席へ。4月1日・広島戦以来、113試合ぶりとなる、第2号となった。

 阪神にとって、菅野からは19日の初回以来、13イニングぶりの得点となった。

 「遥人(高橋)が頑張ってくれているので、何とか先制点をあげたかった。食らいついて打ちにいった結果が、ホームランという最高の結果になって良かったです」とコメントした。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス