文字サイズ

阪神先制 近本がタイムリー二塁打、中日・柳からチームとして今季初得点

 3回、近本は右越えに先制適時二塁打を放つ(撮影・山口登)
 3回、近本は右越えに先制適時二塁打を放つ(撮影・山口登)
 3回、中野は中前に適時打を放つ(撮影・山口登)
3枚

 「中日-阪神」(21日、バンテリンドーム)

 阪神が三回、近本光司外野手の適時二塁打で先制した。

 この回、先頭の梅野が死球で出塁し、秋山が犠打を決めて1死二塁。1番・近本は1ストライクから柳が投じた2球目、130キロの変化球を右翼線へはじき返した。その間に二走・梅野が生還。流れるような攻撃で試合の主導権を握った。

 なおも1死二塁。続く中野は、中前適時打を放って加点。序盤から2点のリードを奪い、先発の秋山を援護した。

 今季、阪神は柳とは2試合対戦し、17イニングで無得点だったが、20イニング目での得点となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス