文字サイズ

阪神・伊藤将 粘った6回1失点 ヤクルト小川と堂々投げ合い セ全球団制覇持ち越し

 6回1失点と好投した伊藤将
 ヤクルト打線を相手に力投する伊藤将
 先発し力投する伊藤将
3枚

 「ヤクルト1-0阪神」(15日、神宮球場)

 逆転勝利を信じて、必死に腕を振った。阪神先発の伊藤将が6回5安打1失点と好投。打線の援護に恵まれず7敗目を喫したが、粘りを発揮した86球だった。

 まずは初回2死三塁。4番・村上との勝負でカウント2-1から内角高めに141キロ直球を投げ込んだ。打球は詰まったように見えたが左前にポトリ。適時打で先制点を献上するも、二回から四回まで三者凡退とテンポ良くアウトを重ねた。

 ピンチの場面でも、動揺はなかった。1点を追う五回1死二、三塁。小川が4球目にスクイズを仕掛けてきたが、ツーシームをコースに投げきった。捕手・梅野への小フライで併殺に取り、ピンチから脱出。「1点を取られてから、粘り強く投げられたのは良かった」と自信を漂わせた。

 矢野監督も「中盤以降はよく粘ってくれた。研究されてきている中で粘れたのは収穫やし」と左腕をねぎらった。白星が付けば13年・藤浪以来となる阪神新人のセ・リーグ全球団勝利となったが、お預けに。86年・遠山以来となる新人左腕8勝への挑戦も、次回以降に持ち越しとなった。

 「今日みたいに先制されても粘り強く投げることが大事。次回も(直球で)押せるように」と伊藤将。文句の付けようがない快投で次こそ8勝目をマークする。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス