文字サイズ

阪神、中野の適時打で反撃「嫌な流れを断ちきりたかった」

 7回、中前適時打を放つ中野(撮影・金田祐二)
 7回、中前に適時打を放つ中野(撮影・西岡正)
 重苦しい雰囲気の阪神ベンチ(撮影・金田祐二)
3枚

 「ヤクルト-阪神」(14日、神宮球場)

 阪神が1点を返した。3点を追う七回、先頭・近本が4番手・石山から、右翼フェンス直撃二塁打を放ってチャンスメークすると、続くルーキー・中野が中前適時打を放った。

 「打ったのはストレート。嫌な流れを立ちきりたかったですし、近本さんがいい形でチャンスメークしてくれたので、ランナーをかえす気持ちで打ちました」と振り返った。

 三回は1死満塁、五回は無死満塁の好機を逃していただけに、大きな1点となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス