文字サイズ

阪神・大山に矢野監督が連日熱血指導「しっかり調整して自分のモノに」

 矢野監督からアドバイスを受ける大山(左)=撮影・飯室逸平
 大山と話す矢野監督(撮影・飯室逸平)
 矢野監督からアドバイスを受ける大山(左)=撮影・飯室逸平
3枚

 阪神の大山悠輔内野手(26)が19日、甲子園での全体練習に参加し、矢野燿大監督(52)から連日の熱血指導を受けた。

 前日18日と同様に矢野監督は身ぶり手ぶりを交え、インパクト時の腰の使い方などを伝えるなど、打撃フォームを指導。フリー打撃では動画を撮影して、取り組みを確認した。

 大山は、5月に背中の張りで出場選手登録を抹消。その影響もあってか、前半戦終了時点でセ・リーグの規定打席到達者で最下位の打率・245に終わっている。

 主将は矢野監督からの指導に「自分にとって必ずプラスになることなので、しっかり整理して自分のモノにできるように」と話しており、成長の糧とする考えを示していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス