文字サイズ

藤浪が驚がくの先制2ラン 甲子園の左翼席にズドン プロでは初の聖地弾!

 5回、左越えに先制2ランを放つ阪神・藤浪晋太郎=甲子園(撮影・山口登)
 5回、先制2ランを放つ阪神・藤浪晋太郎=甲子園(撮影・北村雅宏)
 5回阪神、2死二塁、左越えに1号先制2ランを放つ阪神・藤浪晋太郎=甲子園(撮影・飯室逸平)
3枚

 「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場)

 阪神の藤浪晋太郎投手が、五回に先制1号2ランを放った。場面は2死二塁。フルカウントから石川の低めのボールを完璧に捉え、前進守備の左翼の頭上を越え、スタンドへ飛び込んだ。

 甲子園は驚きの声と大歓声に包まれ、右腕は悠然とダイヤモンドを一周。ベンチの矢野監督はど派手なガッツポーズを見せて先制弾を放った藤浪を出迎えた。

 藤浪自身にとってこれがプロ通算3本目の本塁打となったが、甲子園で一発を放ったのは初めて。大阪桐蔭時代は春のセンバツ、夏の選手権で計2本塁打を放っている。もともとバッティングには定評があり、キャンプ中に行われる投手陣の打撃練習では何本もの柵越えをマークするなど、阪神投手陣の中でも随一の打撃力を誇る。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス