文字サイズ

阪神・ドラ2伊藤将は上々の3回1失点 プロ初被弾も4K

 5回、ソフトバンク打線を無失点に抑える伊藤将(撮影・田中太一)
 6回、真砂にソロを打たれる伊藤将(撮影・飯室逸平)
2枚

 「オープン戦、ソフトバンク-阪神」(6日、ペイペイドーム)

 阪神ドラフト2位の伊藤将(JR東日本)が、プロ入り後初めて3回を投げて1安打1失点。“プロ初被弾”を浴びたものの、4奪三振と上々の内容でマウンドを降りた。

 青柳の後を受けて登板した五回は、2死から牧原にストレートの四球を与えたものの、今宮を右飛に仕留めた。

 六回。1死から、真砂に133キロのチェンジアップを捉えられて右中間へ放り込まれ“プロ初被弾”。だが、その後は崩れることなく三森を143キロの直球で見逃し三振、上林を三直に抑えた。

 七回は、栗原、川島、佐藤直と危なげなく三者凡退に抑えた。

 左の柱としてローテ入りが有力だった高橋の離脱により、救世主として期待されるルーキー左腕。開幕ローテ入りへアピールした。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス