文字サイズ

阪神ドラ4栄枝 入団後初ブルペン捕手、ドラ3佐藤蓮「投げやすい」

 ブルペン入りの前にキャッチボールする栄枝(代表撮影)
 ブルペン入りする栄枝(球団提供)
 ベースランニングする栄枝(代表撮影)
3枚

 阪神ドラフト4位の栄枝裕貴捕手(22)=立命大=が19日、鳴尾浜で入団以来初めてブルペンで捕手を務め、同3位・佐藤蓮(上武大)の立ち投げを22球受けた。まだ本調子ではないとはいえ、球速や球の重さに右腕の力を体感。充実の「初受け」となった。

 「久しぶりにブルペンに入って捕ったんですけど、立ち投げでまだ10割で投げてないと思うんですけど、それでも球が重くて、すごく速かった」

 第3クール最終日、右腕の前に立った。お互いに初ブルペンだったが、同期のすごさをミットで感じた。投球後には現状の調子などを確認。佐藤蓮は「ミットがしっかり止まって捕ってくれたので、すごい自分の中でも投げやすくて。もっと投げたいという気持ちにさせてくれた」と振り返った。

 仲間から認められた捕球力。この日の練習後には、室内練習場でマシンを相手に打撃ではなく、捕球練習をしていたと明かした。高い守備力を武器に、正捕手争いに殴り込む。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス