文字サイズ

阪神ドラ4栄枝「ピッチャー陣と心通じ合わせたい」雑談力発揮し虎投質問責め

 佐藤輝(左)と走り込む栄枝
3枚

 阪神ドラフト4位の栄枝裕貴捕手(22)=立命大=が新人合同自主トレ後に、「ピッチャー陣と心を通じ合わせたい」という思いを明かした。

 そのために大切にしているのは“雑談力”だ。「どこ出身なん?とか、趣味とか」。相手を知るため、野球以外の話から入ることを心掛けている。

 先輩投手たちとのコミュニケーションも切望。球を受けてみたい投手には、西勇、藤浪、高橋の3人を挙げた。西勇は「球種が多いのと、コントロールがすごく良い」、藤浪は「球界トップレベルのスピードボールの持ち主」とすでにあいさつを済ませたという2人の印象を語る。

 「高橋さんは、球速よりも速く感じるっていうのを聞いたことがあるので、どんな球なんだろうとすごく楽しみ」と4年目左腕とのバッテリー結成も待ちわびた。

 「躊躇(ちゅうちょ)してたら良いことはないので、自分から質問していきたい」。“会話のキャッチボール”で猛虎の要へ成長する。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス